FXリアルタイムトレードの実況公開!エントリーポイントから利確まで解説付き。20pips獲得

milkmilk
norinori
あおやまあおやま

FXトレーダーってどんなことを考えながらトレードしているのか気になりませんか?今回は実況という形で、環境認識からエントリーする瞬間、そして利確するまでを公開します!動画では、リアルタイムのトレードで20pipsを実際に獲得しているので、ぜひYouTubeでも見てみてください。

本日のテーマ

f:id:aoyama_aoyama:20200103005552j:plain

今回はリアルタイムトレードを公開します。トレードをするときに、環境認識から、エントリーするときの細かいタイミングの取り方、利確の仕方など、脳内で何をかんがえているのか実況を行います。

エントリーが早まってしまう人に関しては、どのように待つのかも参考になればいいなと思います。

f:id:aoyama_aoyama:20200103005847j:plain

今回も心掛けたいトレードはこれです。

質のいいトレード。安心安全トレードをするためにも、このようなトレードを常にできるようなりたいものです。

まずはおなじみの環境認識から始めます

f:id:aoyama_aoyama:20200103010004j:plain

リアルタイムトレードをしたのは、2020.01.02 ポンド円です(明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。)

チャートは1時間足を表示しています。1時間足では下降エリオット中です(赤文字で数字が書いてるものが該当エリオットです)

今回は初心者でも簡単なエリオット5波目を狙いに行きます。エリオット波動のカウントの仕方がわからない方は過去のブログでエリオット波動について書かれているものがあるので、そちらでルールを確認してください。youtube動画でも過去に説明しています。

f:id:aoyama_aoyama:20200103010340j:plain

赤文字で書かれている下降エリオットの4波の終わりまでには、黒文字で書かれている小さな上昇エリオットもカウントできました。黒文字の上昇エリオットが5波まで完了しているので、もうそろそろ赤文字の下降エリオット5波が発生すると予測しています。根拠はこれだけではありません。

f:id:aoyama_aoyama:20200103010520j:plain

黒文字の上昇エリオットの根元からフィボナッチエクスパンションを当ててみると、FE161.8にほぼ到達しているようなので、上昇エリオットの勢いはいったん落ち着いたようにも見えます。加えて、赤文字の下降エリオットの5波が始まりそうなのにはもう一つ根拠があります。

f:id:aoyama_aoyama:20200103010652j:plain

赤文字の下降エリオット3波にフィボナッチリトレースメントを当ててみると、FR61.8付近でもあります。赤文字の下降エリオットを見てみると、十分な戻しと判断できるため、売りを考える人が多くなるポイントでもあります。

ここまで考えて、赤文字の下降エリオット5波がそろそろ発生すると予測できるので、エントリータイミングを5分足で確認していきます。

5分足でエントリータイミングを確認しよう

f:id:aoyama_aoyama:20200103010930j:plain

5分足チャートを表示しています。日付が開いて窓が開きましたが、窓開け手法というのは関係ありません。長い陰線と考えます。

頂点から少し下降が始まっています。狙うのは、5分足での戻し売りです。フィボナッチリトレースメントを当ててみるとFR38.2まで到達していませんが、トレンドラインが引けそうです。値動きが止まるのを確認します。

f:id:aoyama_aoyama:20200103011221j:plain

エントリーするのは、値動きが止まって勢いの良い陰線が出てからです。エントリーが早まってしまう人は、値動きが止まったように見えるが、チャートの中でもすごく小さな部分ではっきりとは止まったといえない部分ということもあり得ます。しっかりと下降を確認した後で、戻しで入るのが失敗を避けるコツでもあります。

f:id:aoyama_aoyama:20200103011429j:plain

安心安全トレードのためには、陰線を確認しますが、最初の数pipsは見逃します。これをすることによってしっかりと値動きが止まった後の下がる動きが確認できるようになります

ここまで確認してエントリーします。

利確タイミングの狙いはフィボナッチエクスパンション161.8

f:id:aoyama_aoyama:20200103011552j:plain

頂点からジグザクと下がってきているところにフィボナッチエクスパンションを当てます。FE161.8を利確ポイントとして目指したいところです。

ただ若干5分足チャートの戻しがほぼない上昇があったという事実が気になります。5分足レベルですが、上昇のFR61.8付近と200MAが上向きということも重なり、もしや買いで入る人もいるのかな?と思い、200MA付近の動きを確認して利確タイミングを再度考えようと思います。基本的には1時間足チャートの値動きの分析結果の方が信用できるのであまり考えなくてもいい部分かもしれません。今後の勉強ポイントでもあります。

利確はここで行いました

f:id:aoyama_aoyama:20200103012147j:plain

1・2本、200MAに跳ね返されたのを見て利確しました。なんどもビビり決済。これは今後の課題にすればいいだけですね。

上位足で考えてみると、前回上昇したポイントでもないし、やはり利確せず伸ばすポイントでした。5分足にとらわれるとこのように利益は少し小さくなりますね。視野を大きくしていきましょう。

結果、値動きはどこまで伸びたのか

f:id:aoyama_aoyama:20200103012432j:plain

結果としては綺麗にフィボナッチエクスパンション161.8まで伸びましたね。何とも綺麗な戻しのない下降!70pips取れてもおかしくない場面ですが、まずは利確タイミングよりもエントリータイミングを吟味して精度を上げていきたいです。

トレードはシナリオ立てて、エントリーして、利確して、それで終わりではありません。

しっかりとエントリータイミングの吟味と、利確タイミングについて振り返りを行いましょう(ここでは載せていません)

今回のトレードはリアルタイムということで実況しながらできるだけ脳内の音声をそのまま言葉として発してみましたが、どんなふうにエントリータイミングを待っているのかなど参考になったら幸いです。

今日の一言

動画の最中に「え~っと」「あの~」が合計して30回ぐらい入っていたので頑張って消しました。それでもまだある。さて何回あるでしょうか。