単純明快FXパターンを覚えて簡単に20pips獲得!高頻出なパターンで儲けよう。

milkmilk
norinori
あおやまあおやま

今回はすごく単純明快で、再現率が高い鉄板エントリーパターンを紹介します。20pipsは簡単に取れると思いますよ、この形を見たらクリックするだけです。

そして、嬉しいことにインジケーターとかラインとか、そういったテクニカル分析に必要なツールが不要なのです。誰でも真似できますね。

FX勉強会での週末には、その週のエントリーポイントがすべて解説されるのですが、その解説においても頻出度が高く”よくある形”として覚えているものです。

今回のFX学習のテーマ

f:id:aoyama_aoyama:20200119041325j:plain

この形を見たら、迷わずエントリー準備という形について、そのままご紹介します。形を覚えて、エントリーを狙っていきましょう。

では早速、どんな形なのか?という答えから見せます。

単純明快で高頻出なエントリーパターンはこちら

f:id:aoyama_aoyama:20200119041527j:plain

ズバーンッと目立つ上昇の後の、小さく5つの波を数えたところで、ズバーン直線と同じ方向にエントリーです。なんか稚拙な説明で申し訳ないですね・・・

この5つ小さな波を付けるのを数えていくのですが、エリオットのように難しく数える必要はないです。綺麗に数えられるところを数えてください(アバウト)。

すっごく簡単じゃないですか?できそうですよね。これができるのはポンド円5分足です。

これができるようになると、結構な確実性があるので、難しく考えないで相場から利益を得ることができます。FXトレードの本質は値動きを考えることにありますが、このようなラッキーな形もあるので、もれなく覚えて、勝ちを重ねていきましょう。

では、こんな簡単な形を使う上で気を付けなくてはいけないことも紹介します。

単純明快でお手軽鉄板パターンにも前提条件がある

f:id:aoyama_aoyama:20200119041937j:plain

難しくないのですが、前提条件はもちろんあります。

  1. 目印になるのは、目立つ上昇や下降です。これは直線的であればあるほど確実性が高まります。あまり時間のかかった上昇では使えません。
  2. 小さな5つの波をカウントするときは、無理やり5つカウントしないで、綺麗な形のみをカウントする。荒れたら諦める。自然に(アバウト)数えてください。
  3. 高頻出な相場は、ポンド円5分足。

さて、どれぐらい高頻出なのか、2019年12月末~2020年1月中頃までの2週間程度の相場の結果を見ていきます。

鉄板エントリーパターンは、こんなにも相場にあふれている

f:id:aoyama_aoyama:20200119042406j:plain

下降のケースですね。いい直線が伸びてきたところ、戻しの形が5つの波になってますね。素直に数えて、売りエントリーで利益獲得!

f:id:aoyama_aoyama:20200119042459j:plain

ここは年明けで下に窓が開いています。窓は一本の陰線、または陽線とみなします。それを目印にして、5つ波を数えて(小さい)エントリーで利益獲得!

ちなみにこの後の相場で、リアルタイムトレードをYouTubeに上げましたので、そちらも確認してみください。

www.fxstudy.net

f:id:aoyama_aoyama:20200119042750j:plain

まだまだ相場にありますね、この鉄板パターン。

今回は上昇です。上昇した高いところを0起点として、5つ波を数えて、買いエントリーで利益獲得!

f:id:aoyama_aoyama:20200119042841j:plain

続いて、こちらも上昇相場、V字で返したところなのでやっぱり買いの力が強い!5つ数えて買いエントリーで利益獲得!

f:id:aoyama_aoyama:20200119042927j:plain

そしてこちらで最後、ここも上昇相場で、買いエントリーで利益獲得!

いかがでしたでしょうか?2週間で5つぐらいありましたよね?この形を覚えるだけで取れるところがたくさんありました。

ただ、この目立つ直線的な上昇+5つ波を数えてエントリーは、何回も連続してすぐに続くものではありません。なので、最初の1回目がおいしい相場なのです。直線を見つけたらまずはこの形がでるのか、準備してもいいですね。

このような、簡単で分かりやすくて確実な鉄板パターンは、先生の動画にもたくさん繰り返し取り上げられているので、ぜひ見てみてください。

今日の一言

クロード・モネの”日の出”が好きで同じサイズのレプリカしか持ってないのだけど、本物が欲しい。おいくらですか?