鉄板エントリーパターンで誰も簡単に20pipsを獲得しよう。移動平均線を使って簡単に判断できるというのがコツ!

milkmilk
norinori
あおやまあおやま

今回はエントリーの鉄板パターンについてやります。
これだと20pipsはとれます。誰が見ても明らかなので、ぜひ覚えて、過去チャートで感覚を掴み、実際の相場で使ってみてください。

簡単に判断ができるので、誰でも使えるエントリーポイントになっていきます。

f:id:aoyama_aoyama:20200228151256j:plain

ちなみに前回ご紹介した鉄板パターンはこちらですが、最近でも本当に良く使えるところがおおいです。ぜひ見てみてください。

f:id:aoyama_aoyama:20200228151548j:plain

www.fxstudy.net

FX学習のテーマ

f:id:aoyama_aoyama:20200228151657j:plain

1時間足移動平均線を使った、鉄板エントリーパターンを抑えよう。
ということで、早速どうやるの?という答えから提示します。

FX移動平均線を使った鉄板エントリーパターンとは?

f:id:aoyama_aoyama:20200228151758j:plain

移動平均線(200MA)は傾きが重要。そしてファーストタッチですぐにエントリーするというパターン。
重要なのは、しばらくタッチしてなかった傾きのある200MAということ。
そして何度も攻撃されている200MAではなく、1回目が一番反応があるということ
では実際の相場を使って、エントリーポイントを解説しています。

FX鉄板エントリーパターンが使える相場はここ(2020.2.24)

f:id:aoyama_aoyama:20200228151901j:plain

ポンド円2020.2.24の相場。

今回は200MAを使ったエントリーパターンです。
1時間足チャートです。

200MAだけに着目していきます。200MAが水平の時には上下に動き始めますが、どちらかに値動きが動くと、それに伴って200MAも傾きが付いていきます。
1時間足は段々と200MAに傾きがついてきて、それまでの値動きも上昇が強いと判断できます。
下降が始まりましたが、200MAはまだ上昇傾向にありますね。
5分足もクローズアップにして見ていきます。

f:id:aoyama_aoyama:20200228151953j:plain

5分足です。

下降が始まってます。1時間足で200MAのところでぴったりと止まり、すぐにエントリーです。上に行くのをしばらく待っていてはだめです。
ちょっと太くして見やすくしてみます。

f:id:aoyama_aoyama:20200228152028j:plain

1時間足で200MAのところでぴったりと止まり、すぐにエントリーです。上に行くのをしばらく待っていてはだめです。赤い水平線を1時間足で200MAのところに引いていますが、5分足で見てもタッチで上昇しています。

ここで素早くエントリーしましょう。
利確は逆張りなので控えめに20pipsで、もう一つの目安としてはフィボナッチリトレースメントを使ってもいいかもしれません。

このFXエントリーパターンで重要なこと

f:id:aoyama_aoyama:20200228152201j:plain

重要なのは、すぐに入るということ。モタモタしない。

なぜかというと、ここは反応を取るところで、順張りではなく逆張りなので、1回目の反応が一番大きくでるということです。それでも逆張りなので20pips程度にしておくのが安全です。
何度も攻撃されると、それはトレンド方向の方が力が強いので、その後の相場を見てもわかる限り、このように下降していきます。
また自信がないなら順張りで取れるので、無理しないでいいと思います。初心者に重要なのは、順張りを徹底的に身に着けることです。

FX鉄板エントリーパターンだからと言ってチャートをアレンジしてはだめ

f:id:aoyama_aoyama:20200228152423j:plain
これが鉄板エントリーパターンだからと言って、5分足に1時間足200MAを表示させるのはやめましょう。200MAは値動きの傾きを見るために使うので、今回のようなエントリーに使うのはとても少ないです。余計なものをチャートに表示すると自分で混乱するだけになります。

また200MAを抵抗帯として太く表示するアレンジなどもやめましょう。インジケーターにしか目がいかないようになったら、先生も言われている通り裁量トレーダーとしておしまいです、システムトレードへの移行ですね。

重要なのは値動きです。今回のような簡単なときはたまにはとってもいいかもしれませんね。

過去のFXチャートで移動平均線を確認しても効いてる!効いてないパターンとは?

f:id:aoyama_aoyama:20200228152254j:plain

過去の相場などをみてもやはりこのように効いてるケースが多かったです。
ただ、100%絶対効くというテクニカルはありません。その都度都度で前提の値動きの作られ方が異なるので、有効な場合と有効でない場合、どちらもあり得ます。
前提の値動きに沿って考えてみてください。

このような鉄板パターンは過去動画や、ブログにもたくさん上がっています。
受動的にならずに能動的にご自身で過去チャートでいくつも200MA付近の動きを確認すると、段々と見えるものがあるので、ぜひやってみてください。