シナリオ変更はこれを掴め!100pips獲得のためにはチャート上のこの目印に着目すること!

milkmilk
norinori
あおやまあおやま

f:id:aoyama_aoyama:20200310150737j:plain

今日は100pips取り逃しためちゃめちゃ良い場面があったのでその場面についてやります。
この数か月間の中で一番悔しい相場ですね、
なぜかというと直近でYouTube動画にも上げていて、以前みた相場と全く同じだったので、100%取れていい相場だったんですよ。
淡々となれず、感情的にエントリーしてしまいそうにもなりましたが、ルール無視のエントリーは破滅につながるのでグッとこらえて、ここで思いを昇華したいと思います。これができると見覚えある相場でエントリーして、特に最近のようなポンド円の動く相場では利益も大きくなります。

 FX学習のテーマ

f:id:aoyama_aoyama:20200310150817j:plain

大きな下降相場でも、これがわかれば買いエントリーだってできる!
シナリオの目線変更のタイミングについて取り上げます。

答え:FXシナリオ変更の目印とは何か?

f:id:aoyama_aoyama:20200310151232j:plain

以前動画でもやった、バイーンが目印。シナリオ変更するタイミングはバイーンがでて、これ以上下がらないなど確認出来たら、エントリーです。
大きく利益が取れるようになりますよ。

www.fxstudy.net

f:id:aoyama_aoyama:20200310151344j:plain

前回やったのはこれ。

あれ?って思う動きが続いて、そしてバイーンが出ました。これでシナリオ変更にしましたよね。

f:id:aoyama_aoyama:20200310151404j:plain

このケースの場合には、前提としてずっと売り目線だったものが、これを証拠に買い目線で変更して、ここで買うのが良いトレード。ただ、この形を覚えるだけでは無意味。相場の前提条件が異なるから。その辺も話します。
まずは、そこまでに至るポイントについて話していきます。
環境認識をして、どうして売りだったのか考えていきます。

…というのが前回の話。今回もこれと本当に同じ形が出ました。これも前提の値動きから解説していきます。

今回のFXターゲット相場はポンド円2020.3.10

f:id:aoyama_aoyama:20200310151530j:plain

今回のは、このポンド円2020.3.10相場。

バイーンがこの赤い四角で囲ってあるものになります。そのあとに買いですよね。最高のタイミングです。

これもまずは環境認識からやっていきます。

FX環境認識4時間足

f:id:aoyama_aoyama:20200310151559j:plain

4時間足です。一目見た限りで圧倒的に売りが強い。売りしか考えられない相場ですよね。これ以上考えることはありません。

FX環境認識1時間足

f:id:aoyama_aoyama:20200310151700j:plain

圧倒的に下降が強い。

FE261.8も超えてしまったので、上位足で停滞になりそうなラインを考えながら、売りを狙う相場。次はどのラインに気を付けて売りを考えればいいのでしょうか?

今回は4時間足でもラインを超えてしまっていたため、日足を用いて考えます。

FX環境認識日足

f:id:aoyama_aoyama:20200310152422j:plain

4時間足では意味のある数字を超えてしまったので、さらに上の時間軸で確認をします。

そうすると、フィボナッチエクスパンションが使えることに気が付きますよね。

フィボナッチリトレースメントも当てていたけど、最後の砦である、FR61.8付近を越してしまったので、ここで次に停滞と考えるのはFE161.8付近です。そこまでは売り。

その先からは様子を見て考えます。

FX環境認識5分足

f:id:aoyama_aoyama:20200310152502j:plain

下にある赤いラインは日足で次の停滞と考えられる気を付けるべきラインです。日足のFE161.8付近となります。

大きく窓もあいて、そのあとにつよい下降。300pips下げています。ここで逆張りとか下がりきったと考えるのは一番破滅に近くなります。

まず考えるのは、戻し売り。5分足でここまでは売り目線。日足FE161.8ラインが近いので、注意深くトレードします。

私はこの相場で70pipsを売りで獲得しました。

ただ、そのあとを見てみましょう。

f:id:aoyama_aoyama:20200310152727j:plain

勉強会では強い下降の場合、下の方まで追いかけてはならない、と教えてもらっています。

というのは、安値近くになると、このような急な反発があるからです。これはよくある形です。よくある形と教えられたら、まずは覚えるのがいいです。

だから強い下降の場合には、戻したらできるだけ早くエントリーして、安全な位置で利確するのです。私もここから売って70pips程度で終わりにしました。

赤い四角で囲んである部分、ここでは安値に近く、また十分に戻しているとは言えないため、エントリーしませんでした。

f:id:aoyama_aoyama:20200310152833j:plain

案の定、安値付近では急は反発があり上昇しています。5分足レベルの200MAに抑えられてますが、なかなか下降を始めません。

ここではあれ?と相場を様子見するタイミングです。

f:id:aoyama_aoyama:20200310152904j:plain

下がっていかない怪しい相場、と考えているところにこのシナリオ変更の目印が発生しました。

ああ~これで下降はナシだな、とわかる部分です。

ここからは買い目線で、バイーン発生の後に下げ止まったらエントリーです。

f:id:aoyama_aoyama:20200310152931j:plain

下げ止まったことを確認出来たら、細かいローソク足を見てエントリーです。

利確は、落ち始めたところや、フィボナッチエクスパンションも使えますね。

これで100pipsはいけるんじゃないでしょうか。

ポンド円は本当によく動きますし、そうするとわかりやすい相場も増えてきますね。

いかがでしたか?前回動画で取り上げたパターンと全く同じ考え方でしたよね。悔しすぎますけど、こういう時こそ、淡々に勉強を続けて、次の相場に備えたいと思います。

f:id:aoyama_aoyama:20200310152953j:plain

というわけで、今回は前回やった相場の繰り返しがでた!ということでシナリオ変更の目印についてやりました。

こちらの動画もぜひ見てみてくださいね。