遂にわかった!FX勝率80%以上を維持するために絶対やるべきことはこれ。勝てるトレーダーに変身!

milkmilk
norinori
あおやまあおやま

f:id:aoyama_aoyama:20200511174753j:plain

FXで高勝率手法を手に入れたいのであれば、絶対欠かせないことがあります。今回はみるだけで高勝率につなげるには何をしたらいいのかわかります。なので最後まで見てくださいね!

FX高勝率に欠かせないものは、チャートのよくある形

ただし、5分足レベルの鉄板エントリーパターンのチャートの形ではない

f:id:aoyama_aoyama:20200511174820j:plain

それは何かというと、チャートのよくある形、を知っておくことです。ただいつものように鉄板エントリーパターンのようなものではないです。

大事なのは4時間足チャート・1時間足チャートのよくある値動き

f:id:aoyama_aoyama:20200511174929j:plain

今回説明したいのは5分足チャートの単発で覚えられるチャートの形、ではなくて、4時間足チャートや1時間足チャートなどで、よくある値動きです。

値動きがこういう形を付けて下降してくる、とか。長いレンジの調整があったあとには、大きな値動きがくる、などです。

FXで高勝率を狙うには、なぜチャートのよくある形が重要なのか?

f:id:aoyama_aoyama:20200511175050j:plain

なんで高勝率を目指すには、チャートのよくある形が大事ということにたどり着いたのかというと、プロの専業トレーダーと比較して、圧倒的に足りてなくて強化したい部分だと気が付いたからです。

FX勉強会では「FX週間解説動画」という、1週間分の超詳しい環境認識とエントリーポイント、そして相場に対する考え方を、毎週末、FXを習っている先生から教わります。

その時に私は自分のチャートと考えを、FXの先生と比較しまくっているんですが、トレードシナリオの立て方が異なっていることがわかります。

このトレードシナリオを立てる上での、よくあるチャートの形、値動きの形の引き出しの多さや、どれぐらい多く知っているのか、どれぐらい多くのアイディアがあるのかということがどれぐらい既視感のあるチャートになるのかということにつながり、FXでの高勝率にすごく関わってきます。

FXの先生のチャート解説やトレードシナリオを聞いて、自分にはその考えはなかった!と学ぶ点が多いです。

FX高勝率のための4時間足チャート・1時間足チャートのよくある形(値動き)とは何か

f:id:aoyama_aoyama:20200511175414j:plain

このよくある形、というのは答えを言ってしまえば、例えばフィボナッチリトレースメントFR38.2付近とか、そういったものだけではないです。

ここが理解が難しくなるポイントですが、4時間足チャート、1時間足チャートなどセットで、よくあるチャートの形、というトレードシナリオの引き出しを増やしていきます。

私の今までのYouTube動画で説明してきたのは、どちらかというと、FX超初心者が真似しやすいような、わかりやすいキャッチーなチャートのよくある形でした。

f:id:aoyama_aoyama:20200511175635j:plain

FXで高勝率を目指すためには、1時間足チャートレベルなどでのよくある形でのシナリオの考え方が、できるべきです。

例えば、1時間足チャートで、何度も止められているフィボナッチエクスパンション100があり、その付近ではっきりしない値動きが続いているとします。その時にプロである専業トレーダーはどう考えるのかというと、ここから「あるある」なチャートの形を使ってシナリオを作っていきます。

ここのFX相場だと、一度下げるが、もう一度フィボナッチエクスパンション100ラインを確かめて勢いを付けて下降する、などです。

この確かめる動きが、値動きの「あるある」です。先ほどの5分足チャートのよくある形と比べると、シナリオの視点が少し長期的です。
今回は5分足チャートレベルの動きではなくて、少し大きい1時間足チャートでの動きでよくある形を、自分の中にためていくことがFXで高勝率を目指すうえではでは大事、ということになります。

FX高勝率のためにはフィボナッチの数値以外の考え方が必要

f:id:aoyama_aoyama:20200511175921j:plain

FX勉強会での「FX週間解説動画」の中では、先生のシナリオが説明されるのですが、それがとても参考になります。

特に自分と比較してどの部分が参考になるかというと、私のシナリオの立て方は、わかりやすいテクニカルツールの数値に至るまでの動きが重視しすぎていたな、と振り返ってみるとわかります。

FXの先生は、意味のある数値ももちろん確認はしますが、それ以上に今までの相場を見てきた経験から、上昇するのであればこのような形が考えられる、下降するのであればこのような形も考えられる、などと考えます。

前回と違うのは、前提にこの値動きがあるから、このポイントも考えなくてはいけない、などと数値に捕らわれないチャートのよくある形からシナリオを作られているように思います。

そして、あまりこのような形とか値動きにはならないことが多い、ということも解説してもらえます。相場のわけわからなくなりそうだ、という箇所にもあたりが付きやすくなるのではないかと思います。

これを1時間足チャートでどうなりそうな動き、というものを考えてから、その流れに沿って5分足チャートでエントリーしていく、というものです。

このアイディアや経験値があるから、いろんな可能性も広く考えられるし、相場の危なそうなところを気が付けるようになります。

最初から教えてはもらっていたのですが、その説明を私自身が拾えてなかったとわかりました。

FX高勝率につなげるための、値動きの勉強の仕方

f:id:aoyama_aoyama:20200511180235j:plain

問題は高勝率につなげる、このよくある値動きの形をどのように考えていくのか、という部分です。値動きの勉強の仕方です。

「読みなよ。FX勉強会」のYouTube動画から「よくある形」という言葉に着目する

f:id:aoyama_aoyama:20200511180336j:plain

一つは、YouTube動画で解説されているものの中から、先生の「よくある形」という言葉を注視するだけでピックアップできます。

そこでの着目の仕方は、前提の値動きの解説をよく聞くようにする、ということです。

5分足チャートの鉄板エントリーパターンはよく使いますが、それだけでは相場に対応できないです。

FXで高勝率を続けていくためには、シナリオを作れるようにならなくてはなりません。そしてそれは数値だけに着目するのではなく、値動きのあるあるパターンに着目して考える、ということです。

先生の解説には、前提にはこのような値動きがあるから、今後の値動きの候補としては3つくらいこのように動くのが「あるある」な形というふうに説明されています。そこで4時間足チャート、1時間足チャートでのシナリオをしっかり確認するのがいいです。

過去チャートから似たようなFX相場を抜粋して、値動きのよくある動きを考察する

f:id:aoyama_aoyama:20200511180606j:plain

二つは、過去チャートの比較です。

例えば、二つのFX相場を出してみます。この2019年12月のバイーンと、2020年4月のバイーンは大きさは違いますが似ています。そのFX相場を比較して、前提条件で違うところ、その後の値動きで違うところ、似ているところ、効いていそうな数字を着目して考察していくことで、自分の中でもよくある値動きが蓄積されていきます。
ぜひやってみてください。

FXで高勝率手法を身に着けるために絶対欠かせないこと

f:id:aoyama_aoyama:20200511180709j:plain

今回はFX高勝率手法といいつつも、これをやれば勝てます!というような他人に乗っかって勝つぞ!という安易な内容ではなく、FXで高勝率を達成するためには概念や要素はわかりましたが、やはりそれを手に入れるまでには個人で何度繰り返して考えを深められるのかというのも大事、ということです。

これからもFXの勉強頑張りましょう!