こんな人はFXで「勝てるわけがない」。抜け出すための3つの方法

milkmilk
norinori
あおやまあおやま

今回は、FX頑張って練習しているのになかなかマイナスから抜けられない人に向けて。こんな事をしているとFXで「勝てるわけがない」です。

FX勉強会では、先生からいつもこのように言われています。

f:id:trader-nori:20200611212837p:plain

自分との対話をすることで何が良いのでしょうか。

今回は、日常生活での事例も交えながらトレーダーとして必要な「内省」について考えてみます。

こんな人はFXで「勝てるわけがない」。原因は3つある

f:id:trader-nori:20200611212854p:plain

1.勝てる手法を学べていない、2.練習していない

「トレーダーは自分との対話を大事にしなさい」

FXで勝つためには、「勝てる手法」を学ぶ必要があります。これは大前提。

勝てる手法を何度も何度も過去チャートやリアルタイムでデモトレードを通して練習する。これは当然必要なことです。

しかし、実はこれだけではなく、もう一つ大切なことがあります。

それが、この自分との対話。

3.自分と対話して内省していない

具体的には、トレード中の自分の性格や行動の癖などを内省するということです。

例えば、以前の僕は、エントリーするのがとても早かった傾向があります。

f:id:trader-nori:20200611212900p:plain

これは、

  • 早くエントリーしないと、相場がどんどん伸びていってしまうのではという焦り。
  • なんとかトレードしなければという欲。

他にもありますよね。

逆にエントリーが遅いとき。

f:id:trader-nori:20200611212907p:plain

これは、

  • だいたい上昇の勢いが強くてビビって入れなかったり、
  • 上昇している理由を考えるために普段は考えていない余計なことまで色々考えてみたり。

内省するためにもまずはFXで勝てない癖や感情を把握すること

f:id:trader-nori:20200611212912p:plain

大切なことは、まず、自分がこういう感情や癖を持っていると気づくことです。

自分の癖に気づいた時に、初めて見直すことができます。

つまり、日頃から、自分のトレードしている最中の自分を客観的に見るのです。

トレードが終わったら、今回のエントリーはどうだったのか、その時どんな感情だったのか。を見直します。

勝って気分が良いから飲みに行ったり、負けて気分が悪いから布団に突っ伏したりして、パソコンを閉じてはせっかくの勉強が台無しです。

過去の僕がまさにそうだったのですが、これでは、せっかく次に生かせる勉強を放棄してしまっています。

一度、失敗した経験というのは、何度も何度も訪れます。これは勉強会では「ドリル」と言ったりしますが、ドリルはさっさと終わらせたほうが良いですよね。

f:id:trader-nori:20200611212920p:plain

一つ一つのドリルを先送りにしてしまうと、新しいドリルがどんどん追加されて、最終的にはFXの学習を途中で放棄してしまうことにつがなります。

fxbenkyoukai.stars.ne.jp

この、自分との対話、当たり前なんですけど、日常生活でも同じことが言えます。

FXでのトレード中での意思決定や考え方というのは、普段の行動でも同じことをしていたりします。FXのときだけ特別な状態になることはできません。

そこでここからは、

最近、日常生活であった出来事で、こんな考えしていたらFXで絶対勝てないな、という体験をしたので紹介します。

出来事自体はFXと関係ないのですが、そこでの判断の仕方がFXと全く同じということに気づいたのです。

FXを頑張っているのはそもそも日常生活での考え方に原因がないか

f:id:trader-nori:20200611213100p:plain

最近あった出来事というのが、荷物の「郵送」。

僕は、タイに住んでいるので、日本から荷物を送ってもらう際には、当然国際便になります。

今回、日頃お世話になっている方から荷物を送ってもらうことになりました。

当然、国際便で送ってもらえば、それで終わりだったのですが、

「最近、コロナで飛行機便が減っているって言うし、トラブルがあったら先方にも迷惑かけてしまいそうだな。」

って。日頃お世話になっている大切な方なので、すんなりいかなかったら申し訳ないなと。

そこで、どうしたかというと、

「荷物を実家に送っていただけますでしょうか」

と。日本国内なら必ず届くのはわかっているのでまずはそこに送ってもらう。

そして、実家から国際便で送ってもらえば、何かトラブルがあったときも対応しやすいかなと。その時は結構良い判断だと思ったんです。

その後、その方からメッセージを頂きました。

「タイに送るの全く問題なかったのですが実家の方に送りました。」

で、この時、ハッとしたわけです。

「僕が考えたことって、余計なことだったんじゃないか」って。

f:id:trader-nori:20200611213105p:plain

自分にとって大切であるがゆえに、色々考えに考え抜いて、最終的に「余計な選択」をしてしまうことって。

僕は、この日常生活を通して、FXでも同じことをしていることに気づいたわけです。

そして、だいたいそういう余計な事をしたときはトレードで負けてしまっています。

FXで余計なことをすると、せっかくの努力が水の泡に

FXでは余計な事をすると勝てるわけがありません。

先程、コロナだから国際便はと考えましたが、これFXでも同じです。

テクニカル100%のトレーダーにとっては、ニュースや世間の噂と言ったファンダメンタルは一切関係ありません。

ファンダメンタルに惑わされて、普段はやらない余計なトレードをしていては再現性もなく、トレードで勝ち続けることは出来ません。

f:id:trader-nori:20200611213112p:plain

ファンダメンタルだけでなく、テクニカル分析をしていたって余計なことってたくさんありますよね。

そして、もう一つ重要なこと。

それは、郵送の例では、僕は大事な相手からの荷物だったのでとてもいろいろ考えたわけですが、

FXの場合、これは、リアルに現金になるわけです。お金を増やそうと思ってトレードしているわけですから、お金は超大事。

つまり、どちらも同じ、大事なこと。

トレードで負けたとき、いつも、「あー余計な事してしまった」と思うわけですが、

FXだから、そういう事をしてしまったのではなく、僕の場合は、日常的にそうだった、そういう人間だったというに気づきました。

これは、些細な事かもしれません。

f:id:trader-nori:20200611214154p:plain

fxbenkyoukai.stars.ne.jp

しかし、FXでは、「勝てる手法」を同じように学習しても、勝てる人と勝てない人が出てきます。

自分の内面を見つめ、些細な気付きから自分の問題点を探していかなければいけません。

冒頭紹介したFXトレーダーが頑張っているのにマイナスな原因思い出してみてください。

トレード中の自分の性格や癖を知り改善していく。

日頃から大事な場面になると土壇場になってあれこれ色々考えてややこしくする癖は、トレードにも出ていました。

勝てないトレーダーというのは、

せっかく勝てる手法を学習しても、ここぞというところで余計なことをして、不必要な負けトレードをしてしまいます。

FXで必要な勝てる思考を作るための改善策ー内省して何を改善したか

では、どうするか。ここからは今回の気付きからの何を改善したか。

まずは、自分が大事な場面であるほど、余計なことを考えやすいことを認知しました。

余計なことをしない事が一番大事。

そして、郵送の話であれば、わざわざ面倒な経由などせず、「いつもの通り」送ってもらえばよかったのです。

気になるなら、最近の世間の事情もあり、届きにくい可能性があり、やり取りが発生する可能性も書いておけばよかったのかなと思うわけです。

FXの場合は、いつもの通り勝てる手法を使って学習したエントリーチャンスが来たら、トレードをし、

値動きが気になるなら、エントリー自体を見送って、しばらく様子を見る。

僕の場合は、上位足のライン付近。

改めて気づいたのは、自分がよく負けるのは、上位足の節目付近が多いということです。

例えば、こういうところ。

f:id:trader-nori:20200611213118p:plain

上昇の勢いが強いので、当然押し目から買っていきたい場面になるわけです。

ところが、「いつもの」インジケーターを使えば、ここには明らかにエクスパンションの261.8。抵抗になるものがある。

こういうところで、いつも立てていたシナリオは、

「上昇の勢いが強いので、押し目から買っていく」

というものでした。

ところが、こういう局面ほど、自分は複雑に考え、余計なことをしてしまいやすいようです。余計なことを考えているときは勝てるわけがないですね。

僕のような性格の場合は、こういうところは、

「まずは証拠が出るまで待つ」

これが正解なんだと気づきました。

証拠はまさにこれですよね。FE261.8で三回止められてから上がれなく急落。

f:id:trader-nori:20200611213543p:plain

じゃあ、この証拠が出たなら戻しからちょっと取ればいいですよね。

f:id:trader-nori:20200611213549p:plain

余計なことをする人に限って、なんとか、エントリーできるチャンスを見つけてやろうと必死になって考えます。

しかし、FXで長く勝ち続けるには、必死になってエントリーする箇所を探していては勝てません。

日頃から学習し、実際に何度もトレードを通して、いつものわかりやすいエントリーパターンをだけをとっていく必要があります。

日常生活からFXにつながる気づきはいっぱいあると思います。

いつもと違う出来事のときの行動が、FXにとって悪い癖、悪い習慣になっている可能性があります。

是非、そういった機会があればFXのトレードにも影響がないか振り返ってみてください。

参考になれば幸いです。それでは。